WHAT IS MEDITATION ?

 

瞑想は冒険だ

それは,人間の精神が引き受けることのできる、最も偉大な冒険だ

瞑想とは何もせずにただ在ること。。

行為も、思考も、感情もない。

ただ在るだけで、それがまったくの喜びとなる。

何もしていないのに、この喜びはいったいどこからやってくるのだろう。

それは、どこからともなくやってくる。

それには原因がない。

なぜなら、私たちの実在は〈喜び〉という素材によって造られているからだ。

 

 

 

 

 

 

◆瞑想とは?

 

何もしていないとき、、肉体的にも、精神的にも、どのレベルにおいても

すべての行為が止み、自分がただたんに在り、存在そのものであるとき、

それが瞑想だ。それを試すことも修練することもできない。

それは理解しなければならないだけだ。

 

ただ在るための時間が得られるときには、すべての行為を落とし、

考えること、集中すること、黙考することもまた行為だ。

 

たとえほんの一瞬でさえ、何もせず、ただ自分の中心に完全にくつろいでいられるなら・・それが瞑想だ。

ひとたびそのコツを会得すれば、好きなだけその状態にいられるし、ついには一日24時間その状態にとどまることもできる。

 

ひとたびあなたの本性が乱されない方法に気づけば、徐々に自己の本性が妨害されず、しかも注意深くありつづけながら、物事をすることができるようになる。

それが瞑想の第2の部分だ。

 

最初はいかにして「ただ在る」かを学ぶ。それから単純な行為を学ぶ。

自分自身の中心に定まったまま、床を掃除したり、シャワーを浴びたりする・・。

そうしているうちに、より複雑なこともできるようになってくる。

 

だから、瞑想は行為に対立しているものではない。

それは、この生から逃避しなければならないたぐいのものではない。

それは、生の新しい道を教えるにすぎない。

あなたは台風の目(サイクロンの中心)となる。

 

あなたの生は続く。それどころか、それは以前より強烈に継続する。

より一層の喜びと、より一層の明晰さと、より一層のヴィジョンと創造性を伴って。。

 

それでいて、あなたはただ『丘の上のものみ』として、超然と自分のまわりで起こっているすべてをみている。あなたは行為する者ではない。

ただ『見守る者』。

 

『見守る者』『観照者』になることこそが、瞑想における秘密のすべてだ。

 

 

 

 

 

 

 


著作権について
OSHOのワークからの言葉、OSHO瞑想の説明、OSHO と OSHOインターナショナルの写真は、スイスの著作権者C1953から2012/13 OSHOインターナショナル財団の許可で使用されます。OSHOとその補助マークは、登録商標または財団の許可で使用されている商標です。-著作権所有。詳細はwww.osho.com/centersでわかります。

 

 

お申し込み・お問い合わせ

info@osho-okinawa.com

FB:OSHO瞑想OKINAWA 

 090-7605-6648