OSHO瞑想についてのFAQs 質問と答え

 

  ◆瞑想をするための最適な時間はあるのですか?

 

 

一日のうちのある特定の時間に行なうことが

最も効果的であるよう、デザインされています。 

  

例えば Osho ダイナミック メディテーション は、朝起きて最初にやるのが

最適な、エネルギーを活性化するメソッドです。

 

同様に Osho クンダリーニ メディテーション は、蓄積された緊張を振り落とす

よう、一日の終わりのためにデザインされています。

 

Oshoナタラジ、Osho ナーダブラーマ は、いつ行なってもかまいません。

もしあなたが、Oshoの講話を用いての「聞くことのアート」の方法を選ぶなら、

毎晩7時にやるのがよいでしょう。

 

 ◆自分に適した瞑想を、どのように選んだら よいのですか? 

 

瞑想の「コツ」や、起こり続けるものごとに巻き込まれづ「観照すること」

を学ぶには、少し時間がかかります。

 

しかし、OSHO瞑想のどのメソッドも、まず最初に、あなたがそのコツを学ぶことを助け、そしてそれから、観照者があなたの日々の生活の 一部になるほどまで、観照者を充分に強く育てるようにデザインされています。  

 

いくつかのメソッドの大切なことは、どのメソッドがあなたにとって一番効果的で、あなたの ライフスタイルに取り込めるかを知ることです。

 

もし、一日のうちの特定な時間 に行なうことを要求されるメソッドをやるなら、その時間を瞑想のためだけに 確保するようにして下さい。

すると瞑想が、歯を磨いたり朝食をとるのと 同じように、あなたの生活の自然なリズムの一部になります。

 

 

 瞑想はどんな場所で行うのが良いですか? 

 

例えば呼吸を見ることのように、多くの瞑想のテクニックは、いつでもどこでも やることができます。

Oshoアクティブメディテーションのためには、邪魔されることのない、自由に動き回れる部屋が必要になります。ダイナミックメディテーション をする時、出したいだけ大声を出せることは助けになりますが、でもそれが 絶対的に必要というわけではありません。

 

 

 どのような服装がよいでしょうか?

 

エネルギーの流れをどのようにも妨げないゆったりした服装が、

より心地よく感じられるでしょう。

 

 瞑想するにあたって環境について何か配慮することがありますか?

 

あなたが邪魔されないこと、それを確実にして下さい。

 

電話が鳴ったり、 人々が部屋に入って来たりするのは、避けられるべきでしょう。

でも、部屋の外の音は別だと考えるのが大切かもしれません。それらはただ気づいて

いられるべきで、妨害にはなり得ません。

 

瞑想は「静かな場所」で行なわれ なければならない、という考え方がありますが、それはOshoの言っていることとは 違います。

 

彼は、内側と外側でのすべてのことを見守るべきだと言っています。

 

 どのような姿勢で行なうのですか?

 

特定の技法で必要とされる特殊な姿勢については、個々の瞑想の 説明の中で読むことができます。Oshoナーダブラーマのように、座って行なう メソッドや、Oshoクンダリーニのように、座るステージを含むメソッドでは、背骨をまっすぐにすると、覚めて気づいているのが容易だと感じるでしょう。なぜならその時、あなたは重力に助けられているからです。床に座るより 椅子を使う方が良いのなら、それも可能です。

 

Oshoクンダリーニの最後のように横たわるすべてのステージでは、脇を下にして横たわるより、あお向けになる方が眠ってしまうことが少ないでしょう! 

 

   
 なにか心理的な準備は必要でしょうか?

 

どんなゴールも、欲望も、期待も持たずに瞑想することが、重要です。

秘密のすべては、プロセスが開いて行くのを許すことです。

 

何かが起こるのを欲するのは、それが起こるのを妨げる最も確実な方法です。

瞑想している時間を楽しみ瞑想そのものを楽しむことに満足していて下さい。  

 

受容的で、開いていて、くつろいでいる雰囲気を創りだして下さい。

 

 どのような瞑想法を選んだらいいのでしょうか?

 

あなたにアピールするテクニックを、何であれ試してみましょう。

そして、覚えて おいて下さい。

すべてのテクニックが誰にでも合うわけではありません。

 

あなたに 合うものが、友達には合わないかもしれません。そしてひとつのメソッドを何ヵ月か実践した後、もう合わなくなっていると気づくこともあるかもしれません。

 

瞑想のメソッドについて、神聖で冒すべからざることなどは何もありません。それは あなたが、自分自身の自然で本来備わっている質に近づくための、実際的な手段です。

瞑想を遊びに満ちて経験することは自由なのだ、と感じて下さい。

 

メソッドを選び、少なくとも1週間、毎日続けて下さい。

そしてそれを試している間、あなたが手にしているすべてをそれに注ぎ込むように。

1週間後には、最初に感じた引力がより確かなものになるか、そうでないかがはっきりします。

 

もしこれが自分のメソッドだと感じたら、少なくとも3ヵ月間それを続けることを、

自分で誓約するようにして下さい。それをもっと続けるか、別の瞑想を選ぶか、

3ヵ月後にまた決めることができます。

 

ひとつかそれ以上の Osho アクティブ メディテーション、できれば

ダイナミック と クンダリーニ を試すことから始めるのがよいでしょう。

 

あるいは、 もし ダイナミック が、あまりにも活動的に感じられるなら、クンダリーニ と ナーダブラーマ でもよいです!そしたら、しばらくそれらを定期的に続けて下さい。そしていつでも可能な時に、先に指摘した 聞くことのアートの方法を 用いて下さい。

一日中できるだけあなたが気づきに満ちたまま でいられるために、どんな小さなテクニックでも見つけてみるとよいでしょう。

 

すべてのメソッドは、それぞれのステップが意識的に有に働くよう、

科学的にデザインされています。

 

最大限のことを経験するため、

できるだけ瞑想法のガイドの指示通りに従い、そして、できるだけ

心からやりましょう。

 

 

 瞑想は続ける必要がありますか? 

 

続けることが大切です。それは水を沸騰させることに似ています。

たとえ99℃まで上がっていても、水はまだ液体のままです。もしそこで止めてし

まったら、それは冷め、あなたはまた熱し直さなければなりません。

でも、もしあなたが100℃になるまで熱し続けるなら、そのとき水は量子的飛躍

を遂げ、水蒸気に変容されます。

 

 

  

 

著作権について
OSHOのワークからの言葉、OSHO瞑想の説明、OSHO と OSHOインターナショナルの写真は、スイスの著作権者C1953から2012/13 OSHOインターナショナル財団の許可で使用されます。OSHOとその補助マークは、登録商標または財団の許可で使用されている商標です。-著作権所有。詳細はwww.osho.com/centersでわかります。

お申し込み・お問い合わせ

info@osho-okinawa.com

FB:OSHO瞑想OKINAWA 

 090-7605-6648